百人一首の意味と覚え方TOP > 思ひわびさても命はあるものを

思ひわびさても命はあるものを 憂きにたへぬは涙なりけり

思ひわび さても命は あるものを
憂きにたへぬは 涙なりけり


道因法師(どういんほうし)

おもひわび さてもいのちも あるものを
うきにたへぬは なみだなりけり

歌の意味
自分につれない人を思い、わが身のつらさを嘆いても
こうして死ぬことなくもなく、生きてはいますが
涙だけは、つらさに耐えられず、とめどなく流れ落ちてしまいます・・・・・
解説
思いわび「思いわぶ」=恋の歌によく使われる言葉。
自分につれない人を思い、わが身のつらさを嘆く

覚え方

  • 重いわさびは 浮きに耐えぬ
 ※盛りそばの汁に、チューブのわさびを入れると、重くて沈む光景をイメージ。
おもひわび うきにたへぬは